本文へスキップ

青森県社会保険労務士会

電話でのお問い合わせはTEL.017-773-5179

〒030-0802 青森市本町5-5-6

青森県会についてABOUT

事務局

〒030-0802
青森県青森市本町5-5-6
TEL:017-773-5179
FAX:017-775-1428

案内図



役員

会  長
葛西 一美
副 会 長
榊  秀雄
地 豊人
石倉 伸一
専務理事
田名邉 收
常務理事
桐田 宗美
島守 雅之
理  事
島守 雅之
石橋 一恭
西塚 洋和
畑中 伊與吉
山崎 博見
唐牛 光明
今  善樹
監  事
葛西 一栄
西野 恭通



会長ご挨拶

 本日の通常総会開催のご案内を差し上げたところ、お忙しい中にもかかわらず県内各支部を代表する皆さまにご出席いただき、誠にありがとうございます。全国社会保険労務士会連合会より金田会長、また我々の認可庁であります青森労働局より鈴木局長にもおいでいただきましてありがとうございます。
 昨年の3月に発生した東日本大震災は、東北地方に大変な被害をもたらしました。青森県内の場合、人災は少なかったということでしたが、被災された地域においてはまだまだ完全に元通りとまでは至っておりません。

 このような中、私ども青森県社会保険労務士会は、5月から青森商工会議所のご協力のもと、県商工会議所連合会・県商工会連合会を含め、毎週木曜日を相談日とし、今年の3月まで実施いたしました。また、被災地域でもある八戸・十和田支部においてはそれぞれ無料相談会を開催し、4月10日には青森銀行及びみちのく銀行共催のもと、被災地域の各支店を利用した無料労務年金相談会を開催いたしました。県会としてやれることはやった感じはありますが、今年度も常に準備をしながら社会貢献をしていきたいと思っています。この1年間会員の皆さまには多大なるご協力をいただき、またご迷惑をかけ申し訳なく思っています。今後もこのような事故はいつ起こるかわかりませんので、各々の危機管理とご支援をお願いしたいと思います。

 さて、昨年度の事業につきましては、役員それぞれが各事業を担当し、200人弱の小さな県会ですが着実に事業を実施し、完遂させていただき感謝を申し上げます。
 また、2年前に私立大学の大学院修了者を2名だしましたが、今年3月には国立弘前大学の大学院を2名修了しております。2年間大変だったと思いますが、両名に心よりお祝い申し上げます。今後も希望者がありましたら、県会に相談・申し込みをしていただき、あとに続かれることを希望しております。 次に、本日の議事にあります第6号議案で会費の値上げといった我々にとって厳しいお願いをしています。理由のひとつは、東北のなかでも遅れているADRセンターに関わる費用として必要なことであって、ADRセンターについては今年度中には完成させたいと考えています。計算書では収支のバランスが取れて心配ないように見えますが、震災があったため連合会より多大な見舞金等の支援を受けた結果であり、実際のところはやっと年度を越えたという感じです。

 また、何十年来と役所の業務委託をやってきましたが、現在の業務委託は精算払いのため一度県会で仮払いをし、年度をまたいでの精算となっています。ひとつの事業で年間約800万円の費用を要するため、準備金がないとできない状況です。労働局長からお願いはされていますが、業務委託は今のところなく、県会への収入も減少になる見込みです。

 理由のもうひとつは、支部事業助成金の交付を倍額にし、各支部での活動をより活発により充実したものにしたいと考えています。様々なご意見・批判等はあると思いますが、是非ご理解とご協力をお願いします。

 昨年度の事業報告・決算並びに新年度の事業計画・予算について、皆さまのご理解とご賛同を得ながらこの1年間役員一同やっていきたいと思いますので、ますますのご支援を申し上げましてご挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

青森県社会保険労務士会
会 長  葛 西 一 美














青森県社会保険労務士会

〒030-0802
青森県青森市本町5-5-6
TEL.017-773-5179

−事務局休日について−
土・日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)
盆休暇(8/13〜8/16)